おはようございます。

紫腹筋コロコロトラベラーです。

旅行と飛行機とラーメンとコーヒーをこよなく愛する、アウトローサラリーマンです。いつもお忙しい中私のブログを読んでくださってありがとうございます。ANAとJALのダイヤモンド会員比較についてあなたにシェアします。

この記事を読む事によって、ANAとJAL比較!!ダイヤモンド会員はどっちがお得?!なのかがわかります。私は、年間8回以上海外に行っていいて、そのうち数回ビジネスクラスで世界にアクセスしています。東南アジア諸国連合に全て行った実績もあります。実際私が現地に行って体験した内容をあなたにシェアします。
実際私がダブルダイヤになって体験してことをシェアします。

f:id:m03a102:20180821103806j:plain

ANAとJAL比較!!ダイヤモンド会員はどっちがお得?! 

宿泊・食事・ギフト等のクーポン対決 金額ではANAが上

ANAとJAL比較!!ダイヤモンド会員はどっちがお得?!をあなたにシェアします。宿泊や食事等に使えるクーポン等をもらえる選択式特典を比較します。JALは「スマートギフトコース」と「JALセレクション(日本地区以外)JALクーポンコース」があります。

「スマートギフトコース」は、「リンベル スマートギフト カタログ」のなかから、旅館のご宿泊・お食事券・商品券・家電製品などと交換できるポイント51,000ポイント(51,000円相当)がもらえます。

また、「JALセレクション(日本地区以外)JALクーポンコース」は、JALグループの航空券・ツアー・ホテルでの宿泊や飲食、機内販売などに利用できる1枚2,000円の「JALクーポン」25枚と、ラウンジサービスを利用できる「ラウンジクーポン」3枚がもらえます。



ANAは、ミシュラン星を獲得した日本国内・海外のレストランでペアで食事できるバウチャーがもらえる「ミシュラン星レストランコース」。IHG・ANA・ホテルズグループの宿泊・食事に利用できるクーポン40,000円分(5,000円×8枚)がもらえる「IHG・ANA・ホテルズグループ宿泊・お食事コース」があります。

f:id:m03a102:20180821104442j:plain

f:id:m03a102:20180821104511j:plain

両方とも、「国内線・国際線共通機内販売用クーポン20,000円分(5,000円×4枚)」または「ANA SUITE LOUNGE利用券6枚」がセットでついてきますので、トータルではANAの方が金額が大きくなります。

 ギフト対決 金額、品数ともJALが充実

JAL、ANAとも、用意されたギフト品の中から好きなものを選ぶコースがあります。JALは、「選べるギフトコース」で、「Aコースから1つ」または「Bコースから2つ」を選びます。

ギフト品がどのくらいの金額かを見てみます。

たとえば、Aコース、Bコースともにヘンケルスジャパンの鍋(ココット)があるのですが、Aコースは約28,000円相当と約25,000円相当の鍋2点セットで約53,000円分、Bコースは約25,000円相当の鍋1点です。

f:id:m03a102:20180821104251j:plain

その他、家電などメーカー希望価格と市場価格に差があったり、発売されて時間が経つと値下がりしたりするものもあるので単純な比較はできませんが、全体に、Aコースは50,000円強、Bコースは25,000円程度(市場価格はもう少し安くなっていることもあります。)に相当する金額のギフトが多いようです。

トータルで50,000円強に相当すると考えられます。

なお、2018年のアイテム数は、Aコースが40品、Bコースが48品でした。一方、ANAは、「ビジネス&トラベル・リビング・職人の技コース」で、カタログにある57品から選びます。

たとえば、ル・クルーゼの32,000円相当のココットと2,160円相当のプレート2枚で36,320円分です。また、WEDGWOODの5,400円相当のプレート6枚セットで32,400円分です。

f:id:m03a102:20180821104100j:plain

これに、それぞれ「国内線・国際線共通機内販売用クーポン20,000円分(5,000円×4枚)」または「ANA SUITE LOUNGE利用券6枚」がセットでついてくるので、それを合わせればJALと同程度の金額となりそうです。こちらはイーブンでしょうかね。その他の特典をいくつかご紹介します。

プレミアムエコノミーへの無料アップグレード特典(ANA)

ANAは、搭乗手続きの際に空席がある場合は、追加料金なく国際線エコノミーから「プレミアムエコノミー」へアップグレードできる特典があります。私は比較的これを多用して旅行を快適にしております。こちらも確認ください。

自然保護コース、コンシェルジュコース(ANA)

ANAは、沖縄の海にサンゴの植え付けを行なう「自然保護コース」。普通なら入会金20万円、年会費18万円がかかるコンシェルジュサービスを1年間利用できる「コンシェルジュコース」もあります(選択式特典)。

パートナーステイタス(JAL)

JALは、ダイヤモンド会員のパートナー(配偶者)が、会員本人と同じように専用チェックインカウンターの利用、受託手荷物無料許容量の優待、優先搭乗、ラウンジ利用といったサービスを受けられる選択式特典があります。JALさんでダイヤモンドを目指すあなたはこちらが一番破壊力が大きいと思います。

アライアンスで選ぶことも

JAL、ANAとも、同じアライアンスの加盟航空会社利用でも、空港のラウンジやボーナスマイルなどの特典を受けることができます。国際線で頻繁に行く空港、よく乗継で利用する空港がある場合は、アライアンスで選択するのもお得な方法です。

一言

前回に引き続き今回も比較をしてみました。あなたはこのシリーズでどちらがいいと思いましたでしょうか?私はダイヤモンド会員になりにくいANAさんはそれだけの付加価値を提供しているのが改めて見えてきました。しかし、だからと言ってANAさんに流れるかと言われますと難しいところです。

なぜなら、決まったコストでいかに効率よく上級会員になるかがポイントだと私は考えています。もちろん、あなたと考え方が対立する事もあるでしょうが、それはお互いの価値観で私はいいと思います。

いかに使い易く、恩恵を受けられる側の航空会社を選択すればいいと思います。

最後に

まだまだ紹介ができなかった対決がありますが、対決に関しては今回で終了とします。あなたが色々比較してこれはちょっと面白いなと思われたら是非シェアしてくださいませ。飛行機は本当に奥が深いです。虜にされてから早3年以上が経ちます。もっともっと深い知識と体験を通してあなたに今後もシェアできたらと考えております。

f:id:m03a102:20180821103449j:plain

 

 

本日もお忙しい中読んで下さりありがとうございました。

今後は忙しいあなたに変わって私がリサーチしあなたに必要な旅行の情報を提供していきたいと考えています。これからは相手の時間を上手く活用して、効率的な旅行をしてみませんか?

さらに世界をもっと身近に感じませんか?

あなたのポケットから大きな世界を取り出しましょう!!

 

 

The following two tabs change content below.

紫腹筋コロコロトラベラー

世界41ヶ国・80都市以上、タイに関しては7年間で25回以上訪問 しています。 年間8回程海外に行き、ANA/JALの上級会員。現在紫ホルダーで 快適な飛行機ライフを送っている。 飛行機・ホテル・沖縄、グルメをなど得意分野です。 YouTube活動も行うVLOGERです。 BTF Createとして元お笑い芸人のシンゲンさんと一緒に 活動しています。