どうも紫腹筋コロコロトラベラーです。

最近では私のブログを観て下さる方が多くなってきて、投稿のモチベーションになっています。この場を借りてお礼申し上げます。お忙しい中本当にありがとうございます。今回は今年2回目の香港・マカオに行ってきました!香港に個人的な用事があり、今回は行く予定のなかったマカオも行ってきました!

そして今回はHilton Garden Inn Mongkokに宿泊してきました。

結論から言いますと香港旅行は3泊4日で完結しそうです。

私は、羽田を深夜に出る便で香港に向かい、さらに復路も香港を深夜に出る便で帰国しましたの時間を持て余した結果となりました。

ANA SUITE LOUNGE

私は日頃お世話になっているのですが、今回ご一緒した知人が初のANA SUITE LOUNGEで大変興奮をしていたのが印象的でした。下記の記事にANA SUITE LOUNGEの全貌を書いていますので、参考にしてくださいませ。

ANAさんのスイートラウンジの隠し扉の秘密。

今回は深夜便を利用して、香港に向かうので、夕飯は軽く食べて来て下さいと事前に伝えておいたのです。なぜなら、LOUNGE内で食事が出来るからです。22時頃LOUNGEに到着しましたが、かなり混んでいて、Dining hは只今満席との事でした。10分程して、スタッフの方が私達を呼びに来てくれて食事をする事ができました。

こちらには限定メニューがあります。主にステーキです。いつも食べることはできないので、もしあなたが食べたいと思われるなら、19時半の開店と同時に店内に入る事をオススメします。

2019年1月現在19時前から入店するための行列ができます。

正直かなり悲しいです。社畜の方々でしょうかね?自腹で搭乗していないのに恩恵は全て受けるという姿勢・・・。全ての方がとは言いませんが、スーツ族の人は注意です(笑)

そう。限定20食くらいですの、直ぐに品切れになります。こちらの限定ステーキは食べれないと思っていた方がいいです。

私達はシャンパンと銀ダラ、海老のソテー、酸辣湯麺を注文しました。

f:id:m03a102:20180323204424j:plain f:id:m03a102:20180323204454j:plain

 

f:id:m03a102:20180323204519j:plain

嫌らしい話をしますが、空港内でこの様な料理をオーダーすると、1品1000円は軽くします。ちなみにシャンパンは1杯1400円との事です。

JALさんのダイヤモンドラウンジも同じくシャンパンが1400円だというのも、私の知人から教えて頂きました。

f:id:m03a102:20180323204858j:plain

もちろん、このLOUNGEに一人で来てもいいのですが、出来たらあなたの大切な人を招待させてあげるととても喜んで貰えます。こちらで夕飯をしっかり食べましたので、機内食はドリンクだけが最近の傾向となっています。ANA SUITE LOUNGEは実は誰でも入れますが、こちらはあまり知られていません。

ヤフオクやメルカリでANA SUITELOUNRE券が売られています。体験したあなたは一度購入してみるのも

ありだと思います。(6,000~6,500円程)

Hilton Garden Inn Mongkok

こちらはヒルトンの別ブランド?になるのですかね?香港にはヒルトンが2つあります。このホテルとConrad Hong Kongです。コンラッドはヒルトンの最上級ホテルですので、なかなか宿泊はできません。ちなみに、こちらのコンラッドは1泊4万円近いです。

物価の高い香港ですが、とは言ってもなかなか出せる金額ではありません。あ、今回の興味深い事をあなたにシェアします。香港は他の東南アジアに比べてホテルが高すぎます。

正直日本以上ではないでしょうか。物価もその様な印象を受けました。ですので、ある程度旅行の日程がきましましたら、いち早くホテルを探し抑えた方がいいですよ!さて、話を戻しますと今回宿泊した

Hilton Garden Innは駅からも徒歩圏内です。

金額は?

何より値段がConradの半額で宿泊できました。

2人で宿泊すれば、一人一泊1万以下で泊まれますので、ホテルが高い香港に行かれる際は候補の一つでもいいと思います。(ツインで泊まったのでこの値段)もちろん、朝食も付いているので、ありがたいです。朝食のレベルとしてはダブルツリー那覇をイメージして貰えたらと思います。

f:id:m03a102:20180323205006j:plain

f:id:m03a102:20180323205036j:plain

f:id:m03a102:20180323205121j:plain

アクセスは?

Mong kok駅から歩いた方が近いです。またホテルまでに行く間に大きなモールがありますので、そこで食事やバーなど行かれてみるのも悪くないです。

GoPro撮影

ドローンは今回瞬殺で、香港の舞台でGoPro撮影をしましたので、シェアします。最近私の旅行に必須アイテムになったばかりです。いずれ、あなたが旅行に持って行くと快適に過ごせるグッツを紹介しますね。

quik.gopro.com

初アップとなりますので、優しく見守って下さい(笑)

最後に

今回はドローンの撮影も兼ねての旅行でしたが到着早々、仲間とドローンを飛ばしに行きました。トータル3度飛行する機会がありましたが、私は初日に、ドローンを墜落させてしまい、リタイアという無念の形になりました。

香港島を撮影しようと意気込んでいましたが、急にドローンが制御不能になり、高速回転とともに急降下し、地面に叩きつけられてしまったのです。初日から、いろいろな意味でついていたとポジティブに考えた結果その後の旅行にはほとんど、影響はなかったです。帰国後直ぐに修理依頼は出しましたが・・。

香港は日本と違いドローンに対する法規制がなく、飛行禁止エリアが少ないのが現状です。日本の東京ですと、ほぼ飛行不能なので、練習をしたくてもなかなかできません。ドローンに対する理解が深まれば、日本でも将来的には飛行可能エリアが増えるのではないかと思います。

ちなみに知人はマカオでもドローンを飛ばしマカオ人から質問責めにあったりもしていました。

本日もお忙しい中読んで下さりありがとうございました。

今後は忙しいあなたに変わって私がリサーチしあなたに必要な旅行の情報を提供していきたいと考えています。

これからは相手の時間を上手く活用して、効率的な旅行をしてみませんか?さらに世界をもっと身近に感じませんか?

あなたのポケットから大きな世界を取り出しましょう!!