おはようございます。

紫腹筋コロコロトラベラーです。

旅行と飛行機とラーメンとコーヒーをこよなく愛する、アウトローサラリーマンです。いつもお忙しい中私のブログを読んでくださってありがとうございます。

この記事を読む事によって、IBEXについてわかります。私は、年間8回以上海外に行っていいて、そのうち数回ビジネスクラスで世界にアクセスしています。東南アジア諸国連合に全て行った実績もあります。今回は実際私が体験した内容をあなたにシェアします。
 
ANA派のあなたはちょっと満足はいかないかもしれませんが、一度は乗ってみても面白いです、IBEXって何と言うあなた向けの記事となっています。

IBEXってなに?ANA派のあなたは知ってますか?

【他より安い航空券】就航路線も多いIBEXエアラインズ

国内旅行や帰省する際に、飛行機を利用する日本人は少なくありません。予約サイトで航空券を検索した時、IBEXエアラインズの名前を見たことはありませんか?名前はあまり知られていませんが、実は他の日系大手航空会社よりも安い航空券を販売していることが多く見られます。

今回はIBEXエアラインズについて、就航路線やお得な航空券料金、機内サービスなどについてご紹介します。

【IBEXエアラインズの歴史とその特徴】

・歴史

IBEXエアラインズは1999年に、株式会社フェアリンクとして設立されました。翌2000年に、仙台-広島西(現在は閉港)、広島西-鹿児島線に就航を果たします。2004年に、アイベックスエアラインズ株式会社に社名を変更しました。その後も就航路線を着々と拡大して、現在に至ります。

本社は東京ですが、主な運航拠点は仙台空港となっています。

・特徴は小型ジェット機

IBEXエアラインズの運航機材はカナダのボンバルディア社が製造している小型ジェット機、ボンバルディアCRJのみです。日本の航空会社として初めて、ボンバルディアCRJを採用しました。

ボンバルディアCRJは最大乗客数が70人と小型の飛行機です。IBEXエアラインズは、地方経済の活性化を事業目的に掲げています。小型ジェット機を地方都市に就航させることで、地方経済の活性化を促し、貢献をしてきました。

【就航路線と航空券料金】

・就航路線

IBEXエアラインズの就航路線は以下の通りです。

仙台-新千歳 仙台-小松 仙台-中部 仙台-伊丹 仙台-広島 仙台-福岡

新千歳-松山

成田-小松 成田-広島

伊丹-福島 伊丹-新潟 伊丹-福岡 伊丹-大分

中部-松山 中部-福岡 中部-大分

福岡-新潟 福岡-小松

仙台や伊丹を中心に、九州地方に多く就航していることが分かります。

・他より安い航空券料金

IBEXエアラインズは早めに航空券を予約することで、早期購入割引を受けることが可能です。搭乗の45日前、28日前、7日前、3日前、1日前の各割引プランがあります。7日前と1日前のプランは、IBEXエアラインズのウェブサイトで予約をする必要があります。総じて早めの割引プランの割引率が高いため、旅行や帰省の日程が決まったらすぐに予約をするのが賢い選択と言えるでしょう。

他の日系大手航空会社でも、同様の早期購入割引プランを導入しています。しかし同じようなプランの航空券料金を比較すると、平均的にIBEXエアラインズの方が安く販売されている傾向です。

【コードシェアも実施】

IBEXエアラインズはANA(全日本空輸)と、アメリカのユナイテッド航空とコードシェア(共同運航)をしています。

・ANAとのコードシェア便

IBEXエアラインズが運航する全ての便が、ANAとコードシェアをしています。私も福岡ー仙台間利用しました。ちなみにこの区間ですが、ANA便は午前中の便1本です。福岡ー仙台間は1日5本就航しています。

・ユナイテッド航空とのコードシェア便

IBEXエアラインズが運航する、成田-小松と成田-広島間でユナイテッド航空とコードシェアをしています。

全ての便がIBEXエアラインズの機材で運航されています。ANAやユナイテッド航空でも、コードシェアをしている各路線の航空券を購入することが可能です。しかし便によってはIBEXエアラインズで購入するよりも、価格が高くなるので注意が必要です。

【機内仕様とコーヒーにこだわった機内サービス】

・機内仕様

IBEXエアラインズには、ファーストクラスやビジネスクラスはありません。全席同じです。座席は革張りのシートになっているため高級感があり、ビジネス機材として快適な空の旅を提供してくれます。座席の配置は2席×2席です。窓際の席は人気があるのですぐに埋まってしまいます。しかし真ん中の席がないので、両側から挟まれることなくゆったりと過ごすことが可能です。

ボンバルディアCRJは小型機なので、中にはフライト中の機体の揺れを心配する方がいるかもしれません。小型機ながら長距離、且、速いスピードで飛行をするので、一般のプロペラ機と比べて感じる揺れは少なく済みます。

・機内サービス

機内食は提供されていません。無料のドリンクサービスを利用することができます。メニューはコーヒーや冷たい緑茶、コンソメスープ、アップルジュースです。コーヒーは2012年に、UCC上島珈琲株式会社と共同で開発しました。原料には厳しい基準をクリアした農園だけに与えられる、レインフォレスト・アライアンスが認定した農園のコーヒーを30%も使用しています。他とは違った高い香ばしさを持つコーヒーを飲みながら、ゆっくりとフライト時間を過ごすことが可能です。

他にはキャンディや絵葉書、搭乗証明書の交付、小さな子ども向けに絵本や玩具のサービスを無料で提供しています。

【預け入れ手荷物など】

・預け入れ手荷物

スーツケースなどの大型の荷物は、20キロ以内まで無料で預けることができます。ただし、3辺の和の合計が203センチ以内です。個数の制限はありません。追加料金を払えば、預けることができる荷物の重量や総重量を増やすことができます。その場合は最大で1個当たりの重量が32キロ以内、全ての荷物の総重量が100キロ以内です。

スキー板やゴルフバッグなどの大きな荷物は、預けることができない可能性があります。事前に予約センターへ連絡をして確認してください。

・機内持ち込み手荷物

機内へ持ち込むことができる手荷物は、重量が10キロ以内で、3辺の合計の和が100センチ以内のものに制限されています。この他、身の回りの品も持ち込むことが可能です。

【マイレージプログラムは提供していない】

IBEXエアラインズでは、マイレージプログラムは実施していません。以前はANAマイレージクラブに加盟をしていましたが、2010年に終了となりました。

IBEXエアラインズのフライトをANAやユナイテッド航空便として利用すると、それぞれANAマイレージクラブとユナイテッド航空マイレージプラスに加算することができます。加算率は購入した航空券の種類によって異なるので、注意してください。私はANAさんで予約したので、もちろん提携便ですのでANAさんにマイレージが加算されました。

最後に

いかがでしたか?今まで乗ったことがない、または聞き慣れない航空会社を利用するのはいささか抵抗があります。しかし今回ご紹介したようにIBEXエアラインズは国内の就航路線が多く、十分な機内サービスも用意されています。その割に他の日系大手航空会社よりも航空券が安いことが多いので、穴場の航空会社と言えるでしょう。

これから旅行や帰省、出張などで飛行機を利用する機会がある方は、ぜひ1度IBEXエアラインズを利用してみてください。

今後は忙しいあなたに変わって私がリサーチしあなたに必要な旅行の情報を提供していきたいと考えています。

これからは相手の時間を上手く活用して、効率的な旅行をしてみませんか?

さらに世界をもっと身近に感じませんか?

あなたのポケットから大きな世界を取り出しましょう!!