• ミャンマーの知られざる魅力!

 

 

ミャンマーは正式名称を「ミャンマー連邦共和国」と言い、1989年に国名が変わる前までは

「ビルマ」と呼ばれていました。ビルマと言えば、1985年に市川崑監督により映画化された

「ビルマの竪琴」の舞台となった国です。

 

ミャンマーは南北に長く広がる日本より1.8倍ほど大きい国土を持っている国で、

温帯から熱帯にかけて位置しているので、気温・湿度が共に高い国になっています。

また隣接する国は、中国、ラオス、タイ、インド、バングラディッシュといった5つの国と

接している国です。

 

そんなミャンマーへ今は直行便(成田~ヤンゴン線)があり、乗り継ぎなし

(往路:約8時間・復路:約6時間ほど)で渡航する事が出来ます。

それ以外の最短の渡航方法はバンコク乗り継ぎで約10時間程度と、いずれにしても気軽に

渡航が可能になっています。

 

また2018年10月から1年間、日本と韓国の一般旅券所持者で30日以内の滞在の場合には、

ビザ無しで入国することが可能となっていますので、『今が絶好のチャンス!』です。

 

この機会にビザ無しでミャンマーに訪れて、あとでご紹介する、世界三大仏教遺跡の

一つに挙げられている「バガン遺跡」や、豪華絢爛の言葉がベストマッチする

「シュエズィーゴン・パゴダ」、チョット押したら落ちてしまいそうなのに落ちない不思議な

「ゴールデン・ロック」のパワースポットや、他にも沢山のあるスポットに、

端から訪れてみるのも良いですよ。

 

ところでミャンマーの治安はどんな感じなの?

 

 

 

まずは海外旅行をする上で心配を感じる「訪れる国の治安状況」、ましてやその旅先が

発展途上国の場合ですと、尚更不安に感じる最重要事項です。

 

今回ご紹介するミャンマーの治安事情を総合的に判断してみると、発展途上国の中では

多少の注意点などはありますが、トップレベルで安心できる治安の国と言えます。

昼間ならば路地裏などの人通りの少ない所を避けたり、女性の場合は出来る限り一人歩きなどの

単独行動をしなければ、昼間に関しての治安はとても良いので、街歩きを楽しむ事が出来ます。

 

ただ夜間の場合の治安は昼間と比べて多少悪化してしまいますので、もし出歩く場合には、

複数人で繁華街などの明るい場所などを楽しむようにしましょう。

 

また観光スポットでの治安に関しては比較的安心です。ただ手荷物や財布には十分な注意が必要です。

スリや置き引きは、ミャンマーに限らず海外では「あって当然!」と考えて行動するのが

「転ばぬ先の杖」です。確かに日本国内で「置き引き」などは奇異稀なる事件ですけどね。

 

それと、まだ日本人は「お金持ち」と言った認識を強く持っている人も多い為に、

買い物をした時の精算には、しっかりと確認をしてくださいね。

本来の価格より多い金額を請求される事などもありますので「注意が必要」です。実はこれも、

海外に行った日本人が被害にあう事が多いので気を付けてくださいね。

 

◆ミャンマーには魅力満載のスポットが盛り沢山!

・バガン遺跡

 

<<バガン遺跡>>

 

カンボジアのアンコール・ワット、インドネシアのボロブドゥールと共に世界三大仏教遺跡の

一つに数え上げられているのが、ミャンマーの「バガン遺跡」です。

 

バガンには3000を超える数のパゴダと呼ばれる仏塔が建てられています。

このパゴダは11~13世紀頃にかけて建造されたとされています。

造形や色に違いがあるのは建造された時代で変わっているのです。

 

そしてバガン遺跡に訪れて絶対に外してはならない景色は、サンライズ(日の出)と

サンセット(日没)です。バガン遺跡と言うよりも、ミャンマーの中でもトップクラスの

幻想的絶景、まさに最高のフォトジェニックスポットと断言できる景色!なので、

外すことは出来ませんね。

 

・「サンライズ」と「サンセット」の絶景スポットは何処?

 

<<日の出>>

 

 

<<日没>>

 

そんな「サンライズ」や「サンセット」はどこで見ればいいの?と言った想定内の質問ですが、

サンライズは、Bulethiと言う名前のパゴダです。実は、かなり知名度の低いパゴダなのですが、

有名でない為に観光客が少なくゆっくりと見る事が出来るので狙いどころのパゴダになっています。

 

次にサンセットですが、Shwesandaw Payaと言う名前のパゴダが一番人気になっています。

1時間ほど前から観光客が集まり始めるパゴダなので、早めの場所取りが必須です。

ただ待つだけの価値のあるサンセットの絶景を、心と目焼き付かせてくれますので

是非とも早めに訪れてみてください。

 

・「シュエズィーゴン・パゴダ」と「アーナンダ寺院」は、パガン王朝の双肩

 

とにかくキンキン・キラキラと光り輝く仏教施設が立ち並ぶミャンマーです。そんな中の

「シュエズィーゴン・パゴダ」ですが、バガン近郊のニャウンウーにあります。

 

バガンの「アーナンダ寺院」に肩を並べるパガン王朝を代表する11世紀に建立された

宗教建築物として有名です。因みにこのパゴダは「仏塔」・「寺院」の2種類に分類されていて、

仏舎利や仏陀の遺骨を安置する場所として造られた仏塔には、参拝客は外から参拝するのみで、

中に立ち入ることは出来ません。対する寺院は東西南北の四方の入り口と正面に仏像があり、

中に入り込んで参拝する事が出来ます。

 

このシュエズィーゴン・パゴダは仏塔なので外からのみの参拝になります。

 

対して「アーナンダ寺院」は東西南北の四方に入り口があります。東側には「拘那含牟尼仏(Konagamana)」、西側には「釈迦牟尼仏(Gotama)」、南側には「迦葉仏(Kassapa)」、

北側には「拘楼孫仏(Kakusandha)」の仏像が、それぞれ安置されています。

この4体の仏像は『過去四仏』と呼ばれています。

 

・重力を否定したゴールデン・ロックは奇跡のパワースポット

 

一般的には別名のゴールデン・ロックで名を知られているチャイティーヨー・パゴダ

(チャイティーヨー・パヤーとも呼ばれています)です。このゴールデン・ロックは、

金箔に覆われた花崗岩の頂上に建てられたパゴダです。

 

仏陀の衣鉢の上にのせられた岩と言い伝えられています。このゴールデンロックを見ていると、

「重力なんて関係ないね!」と、重力と言う概念が一切否定されているかのようにも

感じてしまいます。

 

これを見ると確かに感動を覚えますが、私的には離れた位置から見ていたいです。

絶対岩の下の位置に停止するのは怖いです。何故落ちないのだろうか?不思議ですね。

それと夜のライトアップされたゴールデン・ロックは、

昼間と違ったスポットの顔を見せてくれます。

・ミャンマーのシャン高原にある「インレー湖」は水上村の観光スポット

 

 

元々は4つの湖で形成されていたものが、湖の近隣に住む鬼により繋げられた事で大きな湖に

なったと言い伝えられています。場所はシャン丘陵に位置しており

表面積43.5キロ平方メートルの広さを持つ淡水湖です。

 

バガンと並び観光客の人気度が非常に高く、浮島や浅瀬にいくつかのリゾートホテルが

建てられていますので、ここを宿泊の起点にするのも、ミャンマーの雰囲気を感じながら夜を、

そして朝を迎える事が人気の秘密でもあります。

 

 

・国境越えをして「タウンシップ・ダーマヨン・タレチク」の観光

 

タイのメーサイから徒歩で「国境越え」をして訪れる事の出来る街です。

国境越えと言っても違法ではなく手続きをして向かいます。タレチクに行くと

「おっ!お洒落なレストラン?」と思って近づいてみると実は「寺院」だった。

 

そんな風に感じてしまう様な、外壁が寺院とは思えない様なパステルグリーンの

「タウンシップ・ダーマヨン・タレチク」があります。

見た感じ不思議感が満載なのですが、しっかりとした歴史ある寺院です。

 

 

  

・ミャンマー観光のまとめ

 

ミャンマーを改めて見て、心を奪われる様なスポットが多い事に、とても驚きました。

一般的に知られているスポットから、全く知らなかったスポットまでと、本当に様々な

スポットが犇めき合っています。ただ最初にもお伝えしましたが、まず一番嬉しいのは、

2018年10月から1年間、日本と韓国の一般旅券所持者で30日以内の滞在の場合には、

ビザ無しで入国することが可能という事です。

 

そして成田からの直行便ならば約8時間で訪れる事が可能な事などと、ある意味、日本からの

距離が近くなったような感じにも思えます。

 

流石に今度の土日に「ちょっと行ってくる!」とまでは言えませんが、それに近い感覚で訪れて、

色々なスポットを心と目で感じてくることは簡単になりました。

 

そんな気軽に訪れて様々なスポットを楽しめる事などからも、最近ではとても女性に人気の

ある観光地です。是非あなたも「まずは一度」ミャンマーの空気を吸いに行ってみませんか?