どうも、紫腹筋コロコロトラベラーです。

最近はすっかりと秋の陽気になってきましたね!日本に帰国する度に肌寒いと感じます。さて、今回は先月のプーケットーブルネイについて読んで下さってるあなたにシェアしたいと思います。

また、特別にプラスでクアラルンプールについてもお伝えしますね!あ、この記事はJALさんの機内WIFIを利用させて貰いながら魂を込めて作っています!

f:id:m03a102:20170910074817j:plain

 

う〜ん。それにしてもJALさんは国内線WIFI無料は思い切ったと思います。ANAさんは対象をお金をできるだけ払える人に対して、JALさんは旅行に行く人全てに対してのサービス展開を始めています。どちらがいいかは一概に言えませんが、年間に数回の旅行に行く人ならJALさんを選択する人が増えそうです(笑)あ、ここで興味深い事をこの記事を読んで下さってるあなたにシェアします。ANAさんの有料WIFIは繋がりにくいです。

お仕事でどうしても利用したいと考えているあなたに私からのアドバイスは、ラウンジで仕事をして下さいと言いたいです。JALさんの無料WIFIより遅いかんじがしましたね。この辺はANAさんは改良の余地がまだまだありそうですね。

本来空の上は情報を遮断できる環境でしたが、LIENやCHAT WORKで連絡が取れてしまうのは考えますね!!

ANAダイヤモンド2年生確定

今回の旅行で来年以降もANAダイヤモンド2年生を解脱することができました。 

 

f:id:m03a102:20170910092637p:plain

 解脱後はJALさんに乗り、どこまでいけるかチャレンジしたいと思います。

 

南の国プーケット 

ここ最近のお気にいりと聞かれたら、先ず初めに出るのがプーケットです。何があるわけではないのですが、ただ日頃の生活を忘れてのんびりとしたい時はかなりお勧めです。ここは日本に比べて物価が安いのが魅力です。例えば、タイでおなじみのタイマッサージが1時間約1000円チップを渡しても1500円でお釣りがくるレベルです。

食事も約100円代からとちょ〜魅力的です!もちろん、宿泊施設のホテルも10000円以下でかなりのグレードのホテルに滞在できます。タクシーも1時間乗って2500円位ですね。普段日本でタクシーに乗らないので詳しくはわかりませんが、かなり安いと思います。続いて、私がよく宿泊するホテルはこんな感じの部屋になります。

ハイアットプレイス・パトン

このホテルは日本の〇〇イン位の金額で宿泊できます。 若干繁華街からは離れています。タクシーもしくは、バイクタクシーで向かうのがいいです。  

f:id:m03a102:20170910075342j:plain

散らかっていますが。結構広くて快適ですよ。

f:id:m03a102:20170910075430j:plainロビーからの写真です。右下のゆりかご人気がありましたね。

f:id:m03a102:20170910075523j:plain

f:id:m03a102:20170910075606j:plainとても開放的です。

f:id:m03a102:20170910075648j:plain

f:id:m03a102:20170910075716j:plainこちらはパトンで一番賑わっている場所です。

f:id:m03a102:20170910075755j:plain

値段の割に綺麗で、良かったのオススメします。

f:id:m03a102:20170910080618j:plainこれはフードコートで食べた、カレー味のご飯。

f:id:m03a102:20170910080717j:plainこちらは夕食で行ったレストランと頂いたステーキです。

f:id:m03a102:20170910080847j:plain

f:id:m03a102:20170910080819j:plain

最後に

今回はプーケットのみのシェアになってしまった事をまずは謝ります。バンコクでトランジェントの間に書くことができました。不定期の発信で待ってくださっているあなたには大変申し訳ないと思っています。これからまた、プーケットで数日滞在して、リフレッシュしてきます。

あなたも私のように一緒に素敵な旅をしてみませんか??あなたのコメントより今後どのような内容が
必要か検討して配信していけたらと思います。気軽にコメントを下さいませ。

いつもお忙しい中読んでくださりありがとうございます。

私がこっそりマイルを貯めている方法をシェアします。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

    *30ポイント貰えますので是非*

*次回はブルネイについてシャアしますね。*

あ、そんなブルネイでボーリングしてきました。なかなか、海外でボーリングをする人いないですよね。

そんな感じの情報をあなたにシェアしてまいります。