どうも、紫腹筋コロコロトラベラーです。

今年は今回の旅行でANAはダイアモンド継続確定しました。後半はJALにシフトしていきます。

ただ、来年ANAが制度を変更してきてOKA-SHIが改悪になりますので、ますますJALのニーズが高まりそうです。私も来年はJALよりになるかもしれません。

この記事を読む事によって、東南アジアでの移動の仕方がわかります。私は、年間8回以上海外に行っていいて、そのうち数回ビジネスクラスで世界にアクセスしています。東南アジア諸国連合に全て行った実績もあります。実際私が現地に行って体験した内容をあなたにシェアします。
 
実際に何度かこちらを使っています。まぁ、いつも遅延しますが(笑)

f:id:m03a102:20170821213032j:plain

 エア・アジア

東南アジアを旅行するなら、AIR ASIAを利用するのも選択に入れるべき。今回プーケットから、クアラルンプール経由ブルネイに行きましたが正直悪くなかったです座席が狭いを考慮できたら問題なく移動の選択肢に入れてもいいかなと思いました。今後の旅の仕方として、ANA、JALで目的地まで飛び、そこからairASAIを利用して行くのがBESTという判断がに至りました。

クアラルンプールのプライオリティーパス

ラウンジ使い勝手がいい。ここで軽食をいただけるので飲食代が浮きますよ(笑)ちなみにこちらはプーケットのプライオリティーパスラウンジになります。

f:id:m03a102:20170821213244j:plain

f:id:m03a102:20170821213255j:plain

f:id:m03a102:20170821213308j:plain

f:id:m03a102:20170821213320j:plain

f:id:m03a102:20170821213332j:plain

f:id:m03a102:20170821213343j:plain

クアラルンプールのLCCターミナルのプライオリティーパスラウンジになります。

f:id:m03a102:20170821213601j:plain

f:id:m03a102:20170821213955j:plain

f:id:m03a102:20170821214006j:plain

f:id:m03a102:20170821214016j:plain

f:id:m03a102:20170821214027j:plainこちらはクアラルンプールーブルネイに向けての搭乗前になります。f:id:m03a102:20170821213506j:plain

機内はこんな感じです。

f:id:m03a102:20170821213538j:plain

ただ、事件は現場で起きています。わくさん〜!!青島さんが、言い放ったのが今でも心に染み込んでいます。実は復路の便で事件は起きました。そう、とても興味深いです!

8/9日の16時台の便でクアラルンプール経由成田行きのに乗る予定でした。が、観光を終えて、空港に着いてみると遅れがありました。

LCCなのでしょうがないと思いボードを見たら約2時間のディレイト。しょうがないので、空港内のカフェで仕事がてらPC操作して時間を潰していました。時間になり制限区域に入ることはできたが、さらに1時間、さらに1時間結局4時間延で出発です。

ここで読んでくださっているあなたにとても大事なシェアをします。そして実践してくださいね!!!

保険に入るです。保険とはエア・アジアの保険です。確か、千円ちょっとでしたが、私はケチりました。往路は数十分の遅れ、が復路は4時間。今回クアラルンプールー成田間は海外発券をしていたので、航空券の変更が可能でしたが、日本発券のチケットでしたら、パーですよ。さらに当日チケットを購入しないといけませんので30万円はすると思いますよ。

最後に

なので、今回はエア・アジアで旅行をする際は保険に必ず入った方がいいと思います。次回の記事で少し前に行ったシンガポール・クアラルンプールのお話をあなたにシェアします。

本日もお忙しい中読んでくださりありがとうございます。

Quangpraha / Pixabay

ブルネイのお話もシェアしていきたいと思いますのでお楽しみ。