おはようございます。

紫腹筋コロコロトラベラーです。

旅行と飛行機とラーメンとコーヒーをこよなく愛する、アウトローサラリーマンです。いつもお忙しい中私のブログを読んでくださってありがとうございます。

奄美大島は日本とは思えないほどの美しい自然に囲まれています。海はもちろん、山も川もスケールがとても大きいです。世界各国には大自然を見に行くツアーがたくさんありますが、空港やホテルから車で何時間も離れたところに見に行くことが多いです。

しかし、奄美大島では大自然がそんなに離れていない場所にあるので早起きしなくても、午後から日帰りで気軽に行くことができます。そのため、短い滞在期間でも観光を満喫できる島です。

今回は、そのオススメの大自然やアクティビティをご紹介したいと思います。

女性目線の奄美大島大自然アクテビティと観光

<黒潮の森 マングローブパーク>

住用のマングローブ原生林は、国内2位の広さで国定公園特別保護地区に指定されています。繁華街の名瀬から車で30分ほどで到着します。車を走らせると国道沿いには鬱蒼と茂る山の木々が現れ、大自然を感じさせます。

途中でコンビニは少ないので見つけたらトイレ休憩や食べ物・飲み物は買っておくとお子様連れの方などは安心です。黒潮の森 マングローブパークのマングローブ館に入ると、無料エリアにはお土産屋さんと無料休憩所があります。

マングローブパーク入場料

大人(高校生以上) 500円
小人(小・中学生) 300円
幼児(4歳以上) 100円
3歳以下 無料

マングローブパークアクセス

開園時間 午前9時30分−午後6時
(入館は17時30分まで)
休館日 1月1日
住 所 鹿児島県奄美市住用町石原478番地
電話番号 0997-56-3355

マングローブ館の奥は入場料が必要になります。展示コーナーでは奄美の森に住んでいる生き物たちが展示されています。イシカワカエルやオットンカエルや、リュウキュウアユの泳ぐ様子などを見ることができます。

もちろん、マングローブについても詳しい説明が用意されています。敷地が広くグランドゴルフもできるそうです。(貸しクラブ 200円)マングローブパークの一番奥には、展望所があります。展望所からはマングローブが一望でき、全体の姿を見れます。

マングローブパークで一番オススメのアクティビティはカヌーツーリングです。
カヌーを貸してくれるところが2か所(マングローブ茶屋・アイランドサービス)あります。
どちらも利用したことがありますが、今回はマングローブ茶屋を利用しました。

サバイバルコース(ガイドなし)

所要時間:2時間まで(延長1時間につき1000円/人追加)
料金:1700円   (大人)
料金:1300円   (小学生以下)

マングローブ茶屋アクセス

住所:鹿児島県奄美市住用町役勝7
電話番号:0997-69-2189

初めての時はガイドさん付のコースを選びましたが、意外と簡単に漕いで進むことができたので
今回はガイドなしのコースにしてみました。料金は上記の通りです。沖縄でもマングローブカヌーはできますが3000円くらいするので、こんなに安くマングローブカヌーができる奄美大島はかなりお得です。料金は年々少しずつ上昇しているので、体験してみたい方は近々行った方が良いですよ!

コースは、よっぽど運動音痴だったり、あまり体力に不安がない人ならガイドなしでも大丈夫です。
時間は2時間もあれば十分です。それ以上だと腕が疲れてきたり、途中でトイレに行きたくなったりして戻ることになるので。


マングローブの木々の間をくぐり抜けていく場所が一番心地よく面白かったです。

時間帯・カヌーを漕ぐ場所によっては、水の流れがあり逆走することになるので体力がある時に行く方が良いです。

カヌーを漕がない人には遊覧船もあるそうです


観光遊覧船

大人 2000円
小人 1500円
所要時間 約60分


<ハートロック>

恋愛のパワースポットとして話題になっている場所です。本町赤尾木集落の東側の海岸にあるハート型の潮だまりで、干潮時のみ現れます。場所はこちらも繁華街の名瀬から車で30分程度です。
国道58号線沿いに無料駐車場があるのでそちらに車を止めました。そこから県道82号線を名瀬方面に100Mほど歩くと、三叉路が見えてきますのでこちらを左折します。

近くに「それいゆふぁーむ」があるので、それを目印に向かって行くと良いです。それいゆふぁーむを過ぎると左側に海岸への近道となる林の入り口が見えます。

海岸への近道は森のように木々が茂っており奄美の自然を感じられる道ですがこのような場所はハブがいる可能性もあるので、初めて行った時にはこの近道を通らずgoogle mapのGPSで確認しながらビーチを遠回りしてハートロックまで行きました。ハブが心配な人はこの近道を通らずにビーチを遠回りして林道を通らずに行くこともできます。

ハート型の潮だまりは綺麗なグリーン色で、この中にお風呂のように浸かって写真撮影をしている人々がたくさんいました。時期によっては、この潮だまりは藻が生えてハート型を縁取るようになっているので、ハート型がもっと分かりやすくなっていました。

撮影しているとちらほら何組か他の観光客の方も訪れていて、その全員が近道の林を通ってきていました。帰りは勇気を出してその林道を歩いてみましたが、やはりこちらのほうが距離的には全然近かったです。

しかし、やっぱりハブには注意してください。一人旅の時だったら、他の観光客に一緒にまぎれて通ったほうが安心です。

アクセス

〒894-0411 鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木1346-1

帰りには近くにある「それいゆふぁーむ」で休憩しました。
それいゆふぁーむ内の「Healthy Island Cafe」 ではスムージーと山羊ミルクのソフトクリームなどが食べることができます。スムージーは奄美大島産のフルーツや薬草、はちみつなどをブレンドしてあるそうです。

せっかくなので、普段は飲まないヤギのミルクを飲んでみました。思っていたほどクセは強くなく飲みやすかったです。

メニュー

奄美大島産100%スムージー 600円(税抜)
ヤギミルクの濃厚ソフトクリーム 350円(税抜)
鶏飯 700円(税抜)

アクセスは

住所:鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木1346-1 それいゆ農園内
営業時間:11:00ー18:00
定休日:火曜日


<崎原ビーチ>

奄美大島にはたくさんビーチがありますが、その中でも特に美しかったビーチをご紹介します。それは崎原ビーチです。名瀬から車で約20分のところにあります。距離的には遠くありませんが、あまり人がこない手付かずのビーチの雰囲気がありました。手付かずといっても、ちゃんと「崎原ビーチ」の標識などはあるので行くのは難しくありません。

少し坂を上がったところから海を見下ろしてみると透き通った美しい海が見れました。はっきり言って日本じゃないみたいです。というか、わざわざ海外に綺麗な海を見に行っていたのがアホらしく思えてくるほどでした。日本にも美しい景色があることを思い知らされた瞬間です。

崎原ビーチに到着してみると地元の方が2名いただけであとは、ビーチの目の前に閉館したと思われるホテルがありました。(駐車場にはロープが張ってあり入れないようになっていました)こんなに美しいビーチの目の前に泊まれるなんて最高なのに営業してなくて非常に残念です。

この時は、大雨が降ってくる直前だったので空はどんよりな曇り空でした。それにもかかわらず、この海の青さはすごかったです。実際に行ってみたら、いますぐ海に飛び込みたいような吸い込まれそうな神秘的な色をしていました。

ちなみに、駐車場は特にないので、邪魔にならない場所に車を置きました。無料の水シャワーと公共トイレはあります。ビーチリゾートのように監視員などはいないので、安全については自己責任でお願いします。

アクセスは

住所
〒894-0507 鹿児島県奄美市笠利町大字喜瀬3622


最後に

女性目線の奄美大島大自然アクテビティと観光『最新版』はいかがでしたか?国内で一番広いマングローブ原生林といえば沖縄の西表島で、筆者も行ったことがありますが奄美もそれに劣らず十分なほど広く感じました。

西表島に行くには石垣島からさらに船に乗らなければいけないという手間や時間もかかりますが奄美からなら車で気軽に行けることからリピートしやすい場所にあります。

ビーチもパワースポットもマングローブも気楽に行ける奄美大島は気楽に大自然が楽しめて満足度が高い島でした!

本日もお忙しい中読んで下さりありがとうございました。

今後は忙しいあなたに変わって私がリサーチしあなたに必要な旅行の情報を提供していきたいと考えています。

これからは相手の時間を上手く活用して、効率的な旅行をしてみませんか?さらに世界をもっと身近に感じませんか?

あなたのポケットから大きな世界を取り出しましょう!!