サワディーカップ(こんにちは)。

紫腹筋コロコロトラベラーです。

旅行と飛行機とラーメンとコーヒーをこよなく愛する、アウトローサラリーマンです。いつもお忙しい中私のブログを読んでくださってありがとうございます。今回もバンコクについてあなたにシェアします。

この記事を読む事により、バンコクのおすすめカフェプラス海外のトイレ事情そして、ウォシュレット付きのトイレがある場所をシェアします、

バンコクの飲食調査

 バンコクのオシャレなカフェシリーズ 

今回は1日3件はしごしたカフェと前日に1件、トータルバンコクのカフェに4件行きましたの、そのカフェをあなたにシェアします。どこのカフェも居心地が良いので是非バンコクに来られた際には訪れると良いと思います。ただ、お店によりWiFi環境の良し悪しがあり一回きりになりそうなお店もありました。 

それでは、訪れた順にシェアします。まずはこちらから、麺屋一燈を待つ間に訪れました。お店は麺屋一燈の目の前です。

f:id:m03a102:20180704235102j:plain

夜の部がオープンする18時までこちらで仕事をしながら過ごしてました。いつも通りアメリカンを注文しました。味、値段もまぁ、納得できるレベルです。なによりも圧迫感がないのが嬉しいです。そして、初めて見たのがこれ・・。通常はただの水ですがこちらはアメリカンwith炭酸水になっていました。

f:id:m03a102:20180704234850j:plain

炭酸水が好きな私としては身体中に電気が走った感覚です。WIFiに関したはかなりいけてましたよ。続いては、2日目に最初に行ったお店です。この店、半端ないって!!まじでオススメです。ここは知人に連絡してバンコクのオススメのカフェを3店舗教えて貰った中で実際に、2店舗行って来ました。その一つになります。

f:id:m03a102:20180704235747j:plain

まず、お詫び申し上げます。しっかりと撮ったはずのアメリカンが取れていませんでした。店内とドリップの写真のみとなっています。

f:id:m03a102:20180705000001j:plain

イケメンタイ人がコーヒーを入れてくれました。

f:id:m03a102:20180705000119j:plain

後ろの黒板から選択します。本日のコーヒーが2種類から選択する事ができました。

f:id:m03a102:20180705000356j:plain

ここでドリップしてくれます。

f:id:m03a102:20180705000426j:plain

豆もグラム単位で販売してました。購入するか迷いましたが、キャリーバックがパンパンですので諦めましたよ〜(泣)

f:id:m03a102:20180705000527j:plain

次は3店舗目です。ここはトンロー駅から遠く、バイタクかタクシーじゃないといけないお店です。

Roots at the COMMONSのRootsです。この複合施設の中にお店は入っています。

f:id:m03a102:20180705001312j:plain

f:id:m03a102:20180705000935j:plain

しかし、味は一級品。わざわざお金をかけて行くだけの事はありました。知人に感謝です。彼のNO.1の店がこちらになります。ドリップする動画を撮りましたので、編集後挙げたいと思います。

f:id:m03a102:20180705001031j:plain

f:id:m03a102:20180705001515j:plain

2、3店舗共にサードウェーブコーヒー呼ばれるコーヒー屋です。酸味がなく飲み口がすっきりしているのが特徴です。私は2店舗目のコーヒーが合いましたね。お気に入りのコーヒーを見つけるのも人生の楽しみですよね。あ、2、3店舗共にWiFiはいけてませんでした。

3店舗目は一応使えるのですがフェイスブックからのリンクがが必要でなかなか繋がりませんでした。この2店舗は純粋に味を楽しむお店という事になります。さて、最後のお店になります。

こちらはアソーク駅から徒歩7分位の場所にあるコーヒー屋です。こちらではフラットホワイトを頂きました。要はラテみたいなものです。ミルクのスチームによりカフェラテやら、フラットホワイトや呼び名があるみたいです。実に奥が深いですね(笑)

f:id:m03a102:20180705002322j:plain

とても綺麗なラテアートですよね。バンコクはラテアートの職人が沢山いらしゃるみたいです。こちらはWiFi環境は問題ないです。私のオススメはやはり2番目に紹介したお店です。仕事をするなら、1番目のお店でしょうかね?

バンコクのフードコート

私は旅行で結構フードコートを活用してます。なぜなら、安くて、衛生的に綺麗な空間で現地の食事ができるからです。これって結構大きいと思います。私の周りでも旅行に行ったけど、食事が合わなかったと言う人が沢山います。タイに関してなら私がアドバイスできますので、気軽に聞いて下さい。

最近はフィリピン、香港も詳しくなって来ています。さて、フードコートでの注文の仕方をあなたにシェアします。まずは手持ちの現金をプリペードカードにチャージして貰います。

*私の感覚ですと、大体の200Bathチャージすれば問題なく足りると思います。その後はあなたが食べたいと思うお店で注文し、お手持ちのプリペードカードを渡せば問題なく注文が完了です。ちなみに今回私が注文した料理とドリンクをあなたにシェアします。

f:id:m03a102:20180705004054j:plain

 とてもさっぱりしていて美味しかったです。上にある揚げ物がコロッケの様なものでした。

f:id:m03a102:20180705004137j:plain

ココナッツスムージー。こちらもかなり美味しいです。

f:id:m03a102:20180705004400j:plain

ラーメン40bath

ココナッツスムージ25Bath

f:id:m03a102:20180705004133j:plain

最後に私の大好きなフルーツ2種。スイカにマンゴーです。 

↓↓↓このフルーツの値段が半端ないってよ↓↓↓

f:id:m03a102:20180705004501j:plain

2種類で36Bathです。これだけ注文してトータル101Bathです。日本円で約300円弱です。

フードコートのコスパは、半端ないって!!

番外編

世界のCoCo壱です。私の心の拠り所でもあります!!世界各国安定の味で私の胃袋を満たしてくれます。日本食を海外で食べるなら、私はラーメン、カレー、そばです。この3つが恋しくなりますね!さて、今回訪れた中ではチェンマイとバンコクにCoCo壱はありました。残念ながらパタヤは何年か前に潰れてしまいました。

日本のCoCo壱は結構値段が張るのでなかなかトッピングができないのですが、タイは日本に比べて2割位安いと思います。その分で普段我慢しているトッピングを追加してます。今回のカレーは、定番のあさりカレーキノコホウレン草とトッピングしてみました。

f:id:m03a102:20180705012132j:plain

さらに、野菜不足でしたので、ジャコと豆腐のサラダも頼んでしまった。

f:id:m03a102:20180705012255j:plain

海外で日本食を食べられ喜びと言ったら格別なものです。世界で働く日本人の為にCoCo壱さんもっと店舗を増やして下さい。ちなみに会計はこんな感じです。

f:id:m03a102:20180705012054j:plain

大体1000円弱位です。サービスチャージがいつもいらないなぁ〜と思ってしまうと同時に日本でも導入したら、いくら取れるのか算段してしまってます。

一言

あなたは海外でトイレに対する不安はどの様に考えていますか?

  • 昔の日本の様なトイレかなぁ?
  • ウォシュレットなんてないんでしょ?
  • やっぱり汚いよね?

正直に言いますね。日本のトイレと比較すると海外はやはりレベルは落ちます。ただ、バンコクでウォシュレットのあるトイレを見つけたのであなたにシェアします。その場所はTerminal21(ターミナル21)です。

 

f:id:m03a102:20180704234024j:plain

このモールの中にお目当てはありました。なかなか意識してトイレってしませんよね?ただ、思わず、一枚写真を取ってしまいました。

f:id:m03a102:20180704234222j:plain

ちなみに日本の東芝さんが海外でも頑張ってました(笑) 

Youtube

タイでおすすめのフードコートはこちらです。ここは安くて清潔。一度は行きたい、いや何度も通いたい場所ですよ。

最後に

とても興味深い物を発見しました。こちらです。なんとBTSに乗るのに入場規制が引かれているではないですか。日本でもほぼ見かけることはないですが、バンコクで見るとは思いもよりませんでした。思うところ、バンコクは車両が短い4両です。

日本の都心では最低4両からでしょうが、それよりも短いとそりゃ〜この様な事が起きても仕方ないですね。私は井の頭線で4両体験してます。ラッシュ時はかなりしんどいです(苦笑)日本とタイを比較すると、圧倒的にタイに訪れる旅行者が多いです。今後もこの様なラッシュ時の入場規制は続くと思われます。

f:id:m03a102:20180704233835j:plain

今回は興味深い事が沢山あって新しいバンコクを知れました。只今、新しいプロジェクトが動き出し始めていますので、いずれ限定公開したいと思います。

本日もお忙しい中読んで下さりありがとうございました。

今後は忙しいあなたに変わって私がリサーチしあなたに必要な旅行の情報を提供していきたいと考えています。これからは相手の時間を上手く活用して、効率的な旅行をしてみませんか?

さらに世界をもっと身近に感じませんか?

あなたのポケットから大きな世界を取り出しましょう!