おはようございます。

紫腹筋コロコロトラベラーです。

今回はspgアメックスカードについて紹介します。実際に私が1年半以上利用した体験の中で見えてきたものをあなたにシェアしたいと思います。結論から言いますと、旅行者には必須です。年間に1度以上海外に行くなら是非ゲットしないと損です。

はい。年間の出費をこちらのカードで支払いすれば、この様なホテルに宿泊できる可能性があります。

LAのリッツ・カールトンホテルのスイートルーム(305,000円)

NYのセントレジス ホテル(120,000円以上)

spgアメックスカード 紹介します。年会費・無料宿泊・ポイント・審査は?

30,000ポイントがもらえる赤色のゴールドカード?!

この赤いエンジのクレジットカードSPGアメックスカードはご存知ですか?

正式名称は「Star wood Preferred Guest American Express Card」です。

このカードは世界最大のホテルグループ「MARRIOTT BONVOY」との提携カードで、略して「SPGアメックス」の名で多くの人に親しまれている、旅行に必須のクレジットカードです。

見た目はレッド、中身はゴールド・・・の謎に迫る!見た目に拘る人には向かないですが、中身に拘るあなたには最強です!

~概要~ スターウッド プリファード ゲスト®アメリカン・エキスプレス®・カードって?!

貯まる、泊まれる、ゴールドエリートの3つの柱からなります。目的別にカードを使っていた人も、このカードに出会った今日からは安心してこれ1枚で大丈夫です。

①貯まる?

普段の買い物から、旅行先、飛行機のマイルを貯めることが出来て、あらゆる場面で大活躍です。ポイントは提携のMarriott Bonvoyポイントとして、利用代金100円ごとに3 Marriott Bonvoyポイントが貯まっていく仕組みです。

通勤通学に買っていたあの乗車券・定期券もカードで買えるってご存知でしたか?

カフェならばスタバタリーズコーヒーなどや、レストランならばデニーズロイヤルホストなどのファミリーレストランにも活用出来たり、コンビニ、ドラッグストア、スーパーなどにも使えたりと、日常生活の味方です。

他にもガソリンスタンドや駐車場代、娯楽のチケットを買ったり、検定料や塾などの支払いにも使うことが出来ます。もちろん毎月多くの出費が出る公共料金、携帯料金、プロバイダ料金などまでも、カード払いに切り替えるだけで、定期的にポイント(マイル)が貯まるなんて、嬉しすぎて泣けてきます。

旅行先の海外では、買い物をする際にICカードのように専用の端末にカードをかざすだけでお買い物をすることも出来るので、言葉が分からなくても簡単!

更には外貨を両替する手間と手数料も省けて、最先端の技術でお買い物が出来るとは、何よりです!最大のポイントはボーナスポイント加盟店を利用すると、ボーナスポイントを受け取れるチャンスも!

こちらの公式サイトで要チェック

入力では、エリアとカテゴリーを入れて検索ボタンをクリック。

気になる飛行機のマイルは100円=1.25ポイントで貯められます。(ANAやJALだと0.5です。) マイルへの移行が可能です。

ANA・JALのゴールドカードでしたら100円=1マイルですね。

②泊まれる?

毎年1泊分の宿泊サービスが優待で受けられます。年会費を支払った2ヶ月後位にこの様な物が画面に出て来ます。

③ゴールドエリート?

このカードを持っているだけで、ゴールド会員資格が付与されます。

更にホテルの宿泊では、ゴールド資格が適用されるため、

部屋のアップグレードが出来たり、レイトチェックアウトが出来るだけでなく、それぞれのホテルからの特別なサービスを受けることが出来ます。

今回一番大事な部分なので、覚えていてくださいませ。

誰でも持てるの? ~会員資格~

まずは18歳以上であること、個人情報の取り扱いに合意出来ること。カードの発行に関しては、アメリカン・エキスプレス所定の審査があります。

いざ審査が下りた時は、本人確認のために「本人限定受け取り郵便」での受け取りが必要です。比較的審査が緩いです。後程その理由を紹介します。

また、紹介ですと、審査は更に緩くなりますので、最後のご紹介します。

気になる年会費は?

年会費は

31,000円+消費税、

家族カードは15,000+消費税。

公式サイトでの説明で「今までにない優雅な旅を世界中で体験いただけます」と言われるほど、他のカードとも差別化されていて、平均よりやや高めの年会費です。

他のカードとの違い

お買い物に特化した、シンプルな「アメリカン・エキスプレス®・カード」

ANA航空に特化した「ANAアメリカン ・エキスプレス ®・カード」

デルタ航空に特化したマイル向けカード「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス®」

飛行機&旅行者向けに特化した「アメリカン・エキスプレス®・スカイ・トラベラー・カード」

ザ・ペニンシュラ東京との提携による「アメリカン・エキスプレス®」

などそれぞれのカードの特徴がありますが、今回の「SPGアメックス」はホテルに特化しながらも、マイルにも特化している2面性を持ち合わせています。はい。使い勝手が抜群です。

よく宣伝されている日系の航空会社ANAカードやJALカードも見てみましたが、効率よくマイルを貯めることを考えてSPGアメックスの還元率と比べていくと、通常のJALカードやANAカードはマイルで、国内線往復が出来る位の10,000マイル以上を貯めるまで凄く時間が掛かります。

仮に分かりやすく、航空券だけでマイルを貯めるとしたら、JALカードの場合エコノミークラスでは、東京大坂間が約560マイルなので、単純計算だと17回の行き来が必要。

ANAでも区間基本マイルでも同じく約560マイルなので単純計算で17回の行き来が必要です。

それに対してSPGアメックスはマイル交換時の還元率が×1.25なので、約700になり14回にまで減ります。それでもイメージが付きにくい人には、日々のお買い物×ANAでの海外旅行ハワイまで往復約3,831マイルが年2回ほどで10,000マイル以上になると、イメージしてみて下さい。

またよく宣伝されている日系の航空会社も見てみましたが、効率よくマイルを貯めることを考えると、SPGアメックスの還元率と比べると、JALやANAは貯めるまでの時間が掛かるようです。

デメリットは?

①年会費が31,000円+消費税。←高い!

②SPGアメックス入会時に、マリオットボンブォイの会員登録(下記)が必要。←ココが少し面倒くさい!

③アメックス加盟店で無いと使えない。←最近ではあまり無くなってきましたが、加盟店はVISAやJCBより少ない

3分で出来る提携「BONVOY」の会員登録の仕方

こちらへアクセスし「SPGアメックス」開設の準備をしておきましょう。パソコンからでも、スマートフォンからでもOK!日本語ページあります。

入力個所は、至って少な目。名前(苗字・名前の順に)、国/地域、Eメール、

パスワード2回、それぞれのチェックボックスを任意で選択、プライバシーに関することを読んだら入会登録を押します。これだけで数字の会員番号が発行されますが、この作業では3分も掛かりません。

文章を読んだり、入力が早い人は1分も掛からないかもしれませんが、飛ばしがちなプライバシーステートメントはしっかり読んでください・・・。

そして会員番号とパスワードはどこかにメモするなり、SPGアメックスに使えるように、忘れないよう合わせて管理しておいてください。

こちらの3点がデメリットとして挙げましたが、将来の投資として旅行へ行く人であれば目先の小さな利益より数年単位で大きな利益と見るとこの年間費以上の元が取れることは間違えないです。

同世代の友人に負けず格好良く差をつけるならば、こうした地道な行動こそが結果的に、賢く節約になるカギです!

では、メリットは?

①マリオットボンヴォイポイントを60,000(=20,000マイル分の)ポイント貯めた後に、マイルに移行するとボーナスポイント5,000マイル分が加算されます。

②何かしら(日常生活にでもOK)カードを利用すれば、ポイントの有効期限は実質無し。※最終利用日から1年以内。

③旅出発時から旅の終わりまで補償サービスが付きます。例えば飛行機が遅れてしまった時や荷物の到着が遅れてしまった時などに臨時出費を補償してもらえたり、万が一の際は死亡保障1億円、病気やケガの時の補償が300万円と充実しています。

それだけでなく、国内28つの空港と海外2つの空港ラウンジの利用が同伴者1名まで無料で利用できる特徴付きです。

④お買い物で起きてしまった事故を補償してもらえます。国内・海外を問わずにカードで買った殆どの商品において破損や盗難などの損害を購入日から90日間、1年で最大500万円までの補償が付いています。

⑤日本国内にあるSPG参加ホテルの直営レストランの飲食代金が15%割引になります。

マイルに変換してビジネスクラスに搭乗なんてもありですよ。

IB航空のビジネスクラス(マドリッドーブエノスアイレス間)

フィンエアー(成田ーヘルシンキ間)

ANA(東京ーウィーン間など) ANA便のビジネスクラスは比較的多めに搭乗しています。

最後に

特典で忘れてはいけないのが、始めに出てきた30,000ポイント貰える!と言う話。カード入会後の3ヶ月以内に10万円以上のカードの利用で30,000 Marriott Bonvoyポイントが付与されます。

ハードルは比較的低いと思います。

30,000ポイントは国内線の往復が出来るくらいのマイルに相当し、生活費をカード払いにしていれば、気づいたらあっという間に付与されているような状態です。

この30,000ポイントが貰えるキャンペーンは今だけ。と言っても結構長くキャンペーンを行なっています。年会費に対して高いのか?安いのか?お得な情報が無くならないうちに、是非チェックしてみては?

新年度は入りましたし、来月からは『令和』になりますよね!今日からSPGアメックスでキラキラ輝く、素敵な新生活を楽しんでみてください!

もし、今回読んでくれてあなたがSPGアメックスカードを持ってもいいかなと思ったら私が紹介します。

こちらのリンクから申し込みして頂けると30,000 Marriott Bonvoyポイントがもらえます!私からの申し込みをしてくれたあなた限定でスタバのドリンク券を差し上げます。限定39名です。(サンキュー企画で)

ええ、私もスタバで仕事をする機会がありますので、あなたが申し込みして10万円利用した後に送料込みでお送りします。

どうせだったらお得にカードを発行しませんか?どしどし応募お待ちしております。

本日もお忙しい中読んで下さりありがとうございました。

今後は忙しいあなたに変わって私がリサーチしあなたに必要な旅行の情報を提供していきたいと考えています。

これからは相手の時間を上手く活用して、効率的な旅行をしてみませんか?さらに世界をもっと身近に感じませんか?

あなたのポケットから大きな世界を取り出しましょう!!