おはようございます。

紫腹筋コロコロトラベラーです。

旅行と飛行機とラーメンとコーヒーをこよなく愛する、アウトローサラリーマンです。いつもお忙しい中私のブログを読んでくださってありがとうございます。

来月JAL派のあなたに向けた本を出版予定です。今原稿を執筆中であります。是非新刊を読んで頂き、JALさんをうまく活用してくださいませ。

今回はスターフライヤー についてまとめてみました。もし。共同運行で搭乗機会がありましたら、ラッキーだと思ってください。

それでは具体的に黒い機体の飛行機についてみていきましょう!

◆スターフライヤーとは

まずはスターフライヤーに関しての説明からします。

スターフライヤーと言うと、一般的には「黒い機体の飛行機」と思われていますが、「黒い機体の飛行機」は、『エアバスA320-200型』になります。

それでは「スターフライヤーとは何ぞや?」と言う事ですが、それは『株式会社スターフライヤー』と言う本社を福岡県北九州市小倉北区にある日本の航空会社になります。

その会社が使用している『エアバスA320-200型』の飛行機が、インパクト極大の黒いボディーカラーをしている事から、「スターフライヤー=黒い機体の飛行機」と認識されているのだと思います。(今回はその認識で話を進めていきます。)

何れにしても、黒い機体カラーを持つ飛行機のスターフライヤーは「前代未聞の代物」です。創業者自身、周囲からの猛反対を押し切り黒い機体カラーに決定をしてとの事です。

反対意見の最大の理由としては、黒色と言うのは太陽光を吸収する等という事から、精密機械の固まりである航空機には適さないと言う航空業界の概念。

ただそれを押し通してまるで異端児とも思える発想ですが、黒い機体は太陽光を吸収するという問題に関してはエアバス社との安全検証により「問題は無い」と実証されたとの事です。

その様な結果が出たと言う事は、今までにない黒い機体色と言うインパクトは、とても強い宣伝効果を生み出したのではないでしょうか?

そんな黒い機体と言うスタイリッシュな機体デザインを持つ「スターフライヤー」の、より詳しい内容を検証してご紹介します。

◆スターフライヤーの概要

『株式会社スターフライヤー』は、先初めの部分で本社を北九州市に置く航空会社と書きましたが、当初は2002年に「神戸航空株式会社」として兵庫県神戸市に設立された航空会社です。

その後2006年になり北九州空港に移転をして、その際に『株式会社スターフライヤー』に商号を変更して現在に至ります。

ちなみに「財団法人日本産業デザイン振興会」が主催している『2006年グッドデザイン賞(Gマーク) 』の新領域デザイン部門で受賞されています。確かにデザイン性は「黒い飛行機」と言う、今までに無いとても凄い発想と感じます。

◆スターフライヤーのエアバスA320-200型ってどんな飛行機?

エアバスA320-200型とは、欧州エアバス社が製造した近・中距離向け商業旅客機になります。スターフライヤーは黒い機体を基調としている飛行機です。

この黒い色は機体だけに留まらず、機内に入ってみると「腹の中も黒かった(腹黒!)」ではなくて、黒い革張りの高級感のあるシートの並びが目に付きます。

また座席についてみると分かるのは、その座席の前後間隔の広さです。本来メーカーの標準仕様は164席のエアバスA320なのですが、それを150席仕様に変更してある事から、ゆとりのある飛行機の旅を楽しめるようになっています。

また可動式のヘッドレストやフッドレスト、個人型液晶モニターが付いていて、足元を見ると電源コンセント等と、普通席とは思えないような装備が施されています。

他にもコーヒーを頼んで出てくるコーヒーカップにも、黒が使われていて中にはオリジナルブレンドの「タリーズコーヒー」と、驚きのおもてなしです。コーヒー好きの私としてはこれはかなり嬉しいです。

またこの珈琲にはビターチョコレートの「カレ・ド・ショコラ」が付いてきます。またオニオンスープ、ミネストローネ、アップルジュース、ミネラミネラルウォーターお茶などもありますので、お気に召すものをご注文下さい。

※その他アメニティーや貸し出しサービスなど

 

アメニティーとしては、「スターフライヤーオリジナルキャンディー」や「スターフライヤーオリジナルポストカード」があります。そして貸し出しサービスには、毛布や携帯用充電器もありますので、乗務員へお声がけすれば貸し出して貰えます。

また小さなお子様をお連れのお客様に対しては、絵本の貸し出し、機内でのミルク造りのお手伝い、全化粧室に『おむつ交換台』の備え付けがありますのでご安心ください。

◆スターフライヤー「お得な使い方!」

                 201911日現在の情報です。

飛行機に乗って国内旅行をする場合に、一番気になるのは航空運賃や宿泊料金ではないかと思います。そんな中でまずは航空運賃の事を考察してみます。

まずは一般的に名前の知られている国内の航空会社を上げると、老舗とも言えるのはJALとANAになります。

名前を良く知っていると言う事から安心感はあると思いますが、そんな部分から「安心出来る気がする安心感手当」がプラスされているのか?等と勘ぐってしまいます。スターフライヤーと比較した場合には、「羽田空港~福岡空港間」では、約5,000円料金が高くなります。

次にスターフライヤーとスカイマークなどの格安航空会社を「羽田空港~福岡空港間」の普通運賃で比較した場合には、約13,000円、格安航空会社の方が安くなります。

ただ普通運賃は安くなりますが、荷物を預けるための別料金が掛かったり座席間隔が狭くなったりと、何処に重きを置くのかにより選択肢は変わると思います。

出発から到着までの2時間ですが、往路の場合はゆったりと乗って現地についてからの観光の為に体力を温存するか?格安で乗り身体のコリを我慢して観光をするのか?復路の場合には、観光で疲れている体をどう考えるのかですね。

飛行に関しての安心は何処も一緒ではないでしょうか?ただ往路復路で縮こまって移動するより、スタイリッシュで悠々と座席に座っていける丁度中間の飛行機がベストかなと、私は感じます。

・スターフライヤーをお得に利用するのにはどうすればよいか?

                 201911日現在の情報です。

旅行などで利用する場合には、事前に宿泊場所の予約などもしますので、当然その時点で航空券のご予約もしておきましょう。現在スターフライヤーでは、「早めの予約」の場合の、お得な割引運賃でのご利用が可能です。

それは「そら旅」と言い、そら旅80、60、45、28、21と、その数字が割引率になっていて、該当日数早くご購入することでそれぞれの割引率で割引されて、お得にご利用が出来ます。

 

また、出張や急なお出掛け時には、「STAR割」がありSTAR 7、3、1A/Bと、それぞれの割引率で割引がされて、お得に利用する事が出来ます

                 201911日現在の情報です。

比較の参考までに通常普通料金の記載をしておきます。

                 201911日現在の情報です。

◆機内食を食べるためにスターフライヤーを使いたい

スターフライヤーの機内食には、和食が用意されています。日本の四季を表現した「お弁当箱」って感じる様なイメージのオリジナルの容器で提供されます。一度乗ってそれで満足ではなく、季節ごとにメニューが変わる事も楽しみの一つになっています。

お弁当箱をイメージして作られたオリジナル容器も、やはりスターフライヤーのものなので、当然黒いお弁当箱のパッケージになっています。

上蓋にはロゴマークが刻印されていて拘りのイメージは機内食にも健在です。容器が黒く作られていることから、むしろ中身の料理の色が主役として映えますので、まず見た目から食欲をそそる機内食になっています。

中部国際空港から台湾に向かう人は是非スターフライヤーを使って欲しいと思います。何故かと言うと機内食と一緒に出てくるスイーツがおススメの逸品になっています。

名古屋と言えば「ういろう」と言われるほどのスイーツです。そんなスイーツが、名古屋のお土産菓子として有名な「大須ういろ」の『ういろモナカ』がお食事のお供のスイーツとして用意されています。もっちり、しっとり、サクッとした「お口・お腹・心」にしっかり響く食感と味を楽しませてくれます

そして台湾からの帰りの便には、現地の銘菓「パイナップルケーキ」がスイーツとして提供されます。

こちらの食感は「大須ういろ」とは違ったとても魅力のある「しっとりホロホロ」と言った素朴でありながら、心にしっかりと残る極上スイーツです。甘党・辛党問わずに人気度が非常に高い、定番のお土産菓子になっています。

ただおもてなしの心から、季節ごとに楽しめる違うスイーツが提供されますので、搭乗した際には別のスイーツの可能性もありますが、ここでご紹介したものと同レベル以上の逸品が提供されますので、何が来るのか知らずに搭乗しても感動を得る事が出来ますよ。

それと事前申し込みが必要になりますが、特別機内食のベジタリアンビーガンミール(VGML)というものがあります。これは肉・魚などを使わずに仕上げられた料理になっています。

このように、ちょっと説明をしただけでも、思わずレストラン代わりに使いたくなってしまう様な「機内食」が用意されています。

一言

いや〜、スターフライヤーも搭乗したいですね。今年はうまく乗れる様にプランニングします。かなり魅力的な機材や機内サービスです。次回はこちらに決まりかな(笑)

最後に

やはりスターフライヤーのスタイリッシュなカラーは最高ですね。

実際色々な口コミなどを見ると、航空運賃が高い等と言っている人もいますが、このフォルムの飛行機に乗る価値、拘り抜かれた内装、広々としたシートの空間、機内食やアメニティーなどを考えた場合には、高くないと判断できます。

とにかく安価な事だ最重要と考えた場合には格安航空会社を利用するのが良いですが、旅行などに使う場合には旅行先で楽しむ事や、帰りの疲れている体を休ませる事、そして行き帰りの機内を楽しむ事も、必要な思い出一つかなと…人それぞれですけどね。

あなたも是非一度、この黒い飛行機を一度お試しください。

本日もお忙しい中読んで下さりありがとうございました。

今後は忙しいあなたに変わって私がリサーチしあなたに必要な旅行の情報を提供していきたいと考えています。

これからは相手の時間を上手く活用して、効率的な旅行をしてみませんか?さらに世界をもっと身近に感じませんか?

あなたのポケットから大きな世界を取り出しましょう!!