おはようございます。

紫腹筋コロコロトラベラーです。

今回はウィーン空港から市内アクセスについてまとめました。是非活用して下さいませ。

ウィーン国際空港は、ウィーン中心部から南東約19kmのところにあります。ウィーンという名称がついていますが、実はウィーンの隣のシュヴェッヒャート(Schwechat)という町にあります。(英語ではVienna International Airportですが、ドイツ語の名称はFlughafen Wien-Schwechatとなっています。)

ウィーン国際空港は、オーストリア航空が拠点としている空港で、ヨーロッパ各都市への路線が集結するハブ空港となっています。日本からは、オーストリア航空の成田-ウィーン便に加え、2019年2月17日からANAが羽田-ウィーン便を運行しています。

これから何かと利用する機会が増えそうなウィーン国際空港。今回この記事で、空港からウィーン市内までの交通手段についてまとめました。

ウィーン市内への交通手段は、主に(1)鉄道、(2)バス、(3)タクシー、(4)その他があります。順番になっています。

ウィーン空港から公共交通機関で市内アクセス方法!

(1)鉄道

・シティ・エアポート・トレイン(City Airport Train)

シティ・エアポート・トレインは、ウィーン国際空港とウィーンミッテ駅(Wien Mitte)をノンストップで結ぶ路線です。英語の頭文字をとってキャット(CAT)という略称でも呼ばれます。

ウィーンミッテ駅は、ウィーン市中心部にあり、地下鉄U3、U4やSバーンも乗り入れているので、各方面への乗り換えにも便利です。また、ウィーン国際空港からオーストリア航空やスターアライアンス加盟航空会社の飛行機に乗るときは、ウィーンミッテ駅でチェックインすることもできます。

シティ・エアポート・トレインは、空港からこのウィーンミッテ駅まで所要時間16分と所要時間が短いのが魅力です。空港利用客向けに車内に大きな荷物を置ける棚もありとても利用しやすいのです。

料金は

片道11ユーロ、往復17ユーロです。

https://www.cityairporttrain.com/en/home

路線図 https://www.cityairporttrain.com/userfiles/files/downloads/CAT_Ubahnplan.pdf

チケットは、空港内の黄緑色の券売機で購入できます。乗り場は到着ロビーを出て右側です。表示がでていますので、その通りに歩いて乗り場まで5分くらいです。

30分間隔で運行していて、空港発は始発が6時9分、最終は23時39分です。

時刻表

https://www.cityairporttrain.com/en/timetable

 

時刻表に関しては、日本と同じく定期的に変わりますので、あなたが旅行に行く際は事前に確認をしてみて下さいませ。

・Sバーン

オーストリア連邦鉄道(ÖBB)の近郊列車です

空港からウィーン市内へはS7という路線を利用します

S7は、空港からウィーンミッテ駅を経由してフロリツドルフ駅(Floridsdorf)まで各駅に停まる路線です。路線図があるので見てください。

https://viennamap360.com/carte/pdf/en/vienna-train-map.pdf

右下の飛行機マークがついているFlughaften Wien(VIE)が空港です。ピンクのS7と細いグリーンのCATが確認できますね。

Sバーンの魅力はなんと言っても運賃が安いこと。料金は、

空港からウィーンミッテ駅までで4.4ユーロ、所要時間は25分ほど

ただし、SバーンはCATのような空港利用者向けではなく普通の電車なので、荷物置き場なども特になく、駅は段差があったり階段の上り下りが必要な場合があったりと、大きな荷物を持っているとなかなかハードかもしれません。

S7は、ウィーン市内と反対方向のWolfsthalまで路線があるので、反対方向に乗らないように注意してください。(と言っても、多くの人がウィーン中心部へ行くのでなんとなくわかると思います。)

チケットは、オーストリア連邦鉄道(ÖBB)の赤い券売機で購入できます。また、Webで購入することも可能です。

https://www.oebb.at/en/

乗る間にチケットを機械に通して日時をスタンプ(打刻)してください。

ウィーン市内は地下鉄や路面電車の路線が充実しています。Sバーンだと各方面への乗り換えも便利なので、荷物が少ないときや乗り換えしたいときはSバーンがオススメです。

・レイルジェット(Railjet)

レイルジェット(Railjet)はオーストリア連邦鉄道(ÖBB)の特急列車です。ウィーン中央駅を拠点にウィーンから各地の都市へのアクセスしたいときに便利です。空港からウィーン中央駅までの区間もあるので、そこだけを利用することができます。

空港からウィーン中央駅までノンストップで15分

料金は2ndClassで4.1ユーロ

車内には荷物置き場もあり、料金も安いので、ウィーン中央駅付近へ行きたいときや、ウィーン中央駅で乗り換えて各地方へ鉄道で行きたいときなどは、レイルジェットがオススメです。

チケットはSバーンと同様にオーストリア連邦鉄道(ÖBB)の赤い券売機またはWebで買うことができます。

 

(2)バス

空港からのバス路線もあります。ウィーン・エアポートライン(Vienna Airport Lines)からは3路線のバスが出ています。

・ウィーン中央駅経由、ウィーン西駅(Westbahnhof)行き

・市内中心部のMorzinplatz/Schwedenplatz行き

・ドナウツェントルム(Donauzentrum)行き

チケット料金は、

片道8ユーロ、往復13ユーロ

Vienna City Cardや国鉄カード(ÖBB Vorteilscard)を持っていると1ユーロ割引になります。空港の券売機のほか、Web上やドライバーからも購入することができます。

www.viennaairportlines.at

また、ブラグス社からもウィーン中央駅行きのバス(Air-Liner)が出ています。

料金は、

片道5ユーロ、往復9ユーロです。

Web上やバスのドライバーから購入できます。

https://air-liner.at/en

(3)タクシー

荷物が多いときや小さいお子さんがいるときは、公共交通を利用するのもなかなか大変ですよね。そんなときはタクシーを利用するのもいいでしょう。

タクシーでウィーン市内まで行くと、

所要時間は20分から30分程度

料金は30ユーロから50ユーロの間くらいです。

ウィーンのタクシー料金は、日本と同じようにメーター制で、初乗り料金と距離に応じた料金の組み合わせです。深夜と日曜祝日は料金が少しですが高くなります。観光客目当てのボッタクリなどは多くはないようですが、たまにメーターを倒さないドライバーがいるようなので、そういうときはしっかり抗議しましょう。

日本と違うのは自動ドアではないこと。忘れずに自分で開け閉めしてください。ドライバーさんへのチップは料金の1割程度が目安です。荷物が大きい場合は数ユーロはずんであげてくださいね。

・リムジンサービス

人数が少なければ普通のタクシーでもいいのですが、1台に乗り切れないくらいの人数の場合はリムジンサービスを利用するのもオススメです。下のサイトのように、事前に日本語で予約できる会社がたくさんあります。

http://wien.main.jp/limosin/

・レッドキャブ(Red Cab)

本当はレッドキャブ(Red Cab)という定額制のタクシーもオススメなのですが、2019年3月現在、サイトを見ることができなくなっていて、サービスがなくなってしまったのか?よくわからない状況です。

http://www.red-cab.at/

このサービスではウィーン空港から市内まで32ユーロの定額です(定員3名まで)。利用する24時間前までにWebで予約しておきます。

事前に送迎先を入力しておくので、現地ではドライバーさんに説明しなくて済みますし、料金もWebでクレジットカード払いなので安心。ドライバーさんにはチップを渡すだけでOKです。予約の際に利用する便を伝えておくと、飛行機が遅れても待っていてくれるのも嬉しいところです。

*こちらに関してはこの様なサービスがあるな程度に考えておいて下さい。

(4)その他

・レンタカー

空港でレンタカーを借りる手もあります。利用の流れは、予約をして、車を借りて、運転して、返す、と日本でレンタカーを借りる時とまったく同じです。事前にWeb上で予約しておくと安心でしょう。

日本語で予約できるサイトも多くあります。車を空港で借りて、空港へ返すのか、他の場所へ返すのかも良く考えましょう。

現地で借りる際には、国際免許証をお忘れなく。それから、レンタカー会社によって営業時間が異なり、深夜に空港に到着しても借りられませんので注意してください。

・ホテル送迎

宿泊者向けにタクシーやシャトルバスで送迎してくれるサービス付きのホテルも沢山あります。空港に到着して預け手荷物を受け取って、到着ロビーのところに行くと、客の名前を書いた紙を持ったドライバーさんやガイドさんたちがわんさか待っています。

ホテルにもよりますが、空港でドライバーさんと待ち合わせる場合、その中から自分の名前を探してドライバーさんに声をかけると、タクシーへ案内してくれて、送迎してもらえるというパターンが多いようです。シャトルバスの場合は乗り場を事前に指定されることもあるので、しっかり確認しておきましょう。

・送迎サービス

ほかに、自分で送迎サービスを頼む方法もあります。到着が深夜になるから公共交通は使えないです。

でもタクシーでドライバーとやり取りする自信がない、といった場合、事前にWeb上から日本語で申し込めるのは心強いサービスですね。

ただ、送迎サービス単独だと金額が高いことが多いので、ホテルで送迎サービス付のところを選ぶ方がオトク感があるかもしれません。

Youtube

ウィーンまではANA便で行くのがおすすめです。今年直行便ができてよりアクセスしやすなりましたよ。

今回の動画はフランクフルトまで相方がANAファーストクラスに搭乗した動画になります。この様な知られざる世界があります。前編としてお届けします。一度は乗ってみたいものですね(笑)チャンネル登録よろしくお願いします。

また応援メッセージもお待ちしています。今後ともよろしくお願いします。

最後に

ウィーン空港から市内アクセスはいかがでしたか?次回のあなたの旅行が実りあるものとなる事を心から願っております。是非今回の記事を参考にして下さいませ。

今後は忙しいあなたに変わって私がリサーチしあなたに必要な旅行の情報を提供していきたいと考えています。

これからは相手の時間を上手く活用して、効率的な旅行をしてみませんか?

さらに世界をもっと身近に感じませんか?

あなたのポケットから大きな世界を取り出しましょう!!

海外に行かれる際はイモトのWi-Fiが最初はいいのかと思います。今はネット社会なので海外でもネットに繋がる安心感は必須ですよね(笑)また私はBooking.comでホテルを予約しています。長期で利用するとランキングが上がり定期的に割引クーポンが手に入りますよ!

 

Booking.com