新型感染症によって経済的に打撃を受けた観光業、飲食業などを支援するために始まったGo To Eatキャンペーン。8月25日には事業者が選定され、いよいよ実施開始が近づいてきました。

そこで、この記事ではGo To Eatキャンペーンとは何か、またその利用方法や現時点の状況を踏まえて分かりやすく説明致します。併せて、利用する上での注意点についても触れています。

コロナウィルス対策で外食を控えている方も多いとは思いますが、Go To Eatキャンペーン対象の店舗は感染症対策のガイドラインに沿った店舗のみです。しっかりと感染症の対策を行った上で、お得なキャンペーンを利用してください。

10月1日以降、準備が整った事業者から参加店舗の受付を開始する予定になっております。

丸わかりGo to Eatキャンペーンを読んで、Go To Eatキャンペーン開始に備えましょう。

①Go to Eatとは?

a )趣旨

コロナウイルスによって打撃を受けた観光業及び飲食業及び生産者を支援するため、政府主導で行うキャンペーンです。Go to Travelと同様、現時点では東京は除外されていますが、今後追加される可能性もあるようです。

b )概要

キャンペーン内容は次の二つです。

①プレミアム付食事券の発行

②オンライン飲食予約向けにポイント還元

①プレミアム付食事券

予め登録された地域の飲食店で使用することができる食事券です。1セットの販売価格は1万円、一人当たり2セットまでが購入可能です。この食事券ですが、販売価格の25%がプレミアムとして付加されます。

例えば1セット1万円分を購入すると、1万2500円分の食事券として使用できます。販売時期は2021年1月末まで、有効期限は同年3月末までです。また、おつりは出ないため使用には注意が必要です。

②オンライン飲食予約向けにポイント還元

こちらはオンライン経由での飲食予約者を対象に、次回以降使用できるポイントを還元します。昼食時間帯と15時以降で付与されるポイントが違い、前者だと500ポイント、後者は1000ポイントです。

一度に付与される上限は10人分までです。(例えば、15時以降に10人で来店した場合は10,000ポイント付与されます)

こちらも2021年1月末までの実施、利用は同年3月末までです。

①の食事券事業者及び②のオンライン飲食予約事業者については、農林水産省から公募を募り、8月下旬に選定されます。

①については事業者が準備でき次第開始されますが、2次公募も検討されています。理由は、Go To Eatキャンペーンに興味はあるが、準備が間に合わなかった事業者への配慮です。現に8月下旬の一次公募は予算の6割の枠組みで選定されています。

②については、状況を踏まえて開始時期を検討する、という表現に留まっています。具体的な開始時期はまだ未定です。今後、コロナウイルスの感染状況が軽い地域を優先に開始していくと思われます。

※追記

8月25日に①②それぞれの業者が選定され、発表されました。しかし、肝心の参加飲食店の登録はまだされていないため、キャンペーンは開始しておりません。

農林水産省のHPにて、次のように記載されています。

『8月25日(火曜日)に、オンライン飲食予約事業者、食事券発行事業者が決定されましたが、参加飲食店の登録はまだ開始しておりません。

今後、登録飲食店に守っていただく感染症対策について、新型コロナウイルス感染症対策分科会の意見を聴き、その後に飲食店の登録開始時期を決めることとしています。

本キャンペーンに参加を希望される飲食店の皆さまは、公募によって決定した事業者に登録し、ご参加いただくことになりますが、開始時期が決定するまでしばらくお待ちください。』

開始までもう少しかかるかもしれませんが、今後の動きに注目です。

②使い方

a)プレミアム付食事券について

①地域の食事券販売窓口にて購入する。

1人につき2万円分(2万5000円分)まで購入可能。

②地域の登録飲食店舗にて、お会計の際に利用する。

*おつりが出ないので注意。

b)オンラインでの飲食店予約

①選定されたオンライン飲食予約事業者を経由して、飲食登録店舗を予約する。

②来店した時点で次回以降使用可能なポイントが付与されます。15時を基準に付与されるポイントが変動するので注意する。

③利用上の注意点について

Go To Eat キャンペーン利用に際しての注意点をまとめました。

①キャンペーン開始時期は未定、

②キャンペーン対象に注意することなどが挙げられます。

a)キャンペーン開始時期について

2020年9月3日現在、Go To Eatキャンペーンは開始しておらず、また具体的な予定も決まっていません。

現時点ではオンラインの予約事業者及び食事券事業者が選定、発表されたのみです。実際に使用できる店舗の選定及び公表は未定です。

農林水産省のHPにも記載がありましたが、コロナウィルス感染状況を確認し、話し合いの場を設けて確定させるようです。決定まで今しばらく待ちましょう。詳細のチェックは農林水産省のHPを随時チェックをしてみください。

農林水産省HP

※追記

9/4付のYahoo!ニュースにて、政府内では9月中旬に一部キャンペーンを開始する動きであると報道されました。この記事によると、コロナウィルス感染が比較的落ち着いている地域を対象に食事券の販売を開始、登録飲食店も発表するとのことです。

併せて、このままの状況が続けば10月には大半の地域でキャンペーンを開始出来る見通しとも記載しています。

b)キャンペーン対象について

キャンペーンに関わる事業者については、事前に農林水産省によって公募、選定されておりHP上で公表されています。肝心の対象飲食店については、現在選定中ですが、9月中には徐々に公表される見通しです。

また、Go To Traveキャンペーンで除外されている東京については、追加是非を含めて現在検討中です。

④選定事業者について

食事券販売事業者、オンライン飲食予約事業者が8月25日に選定、公表されました。

a)食事券販売事業者

一覧を見る限り、各府県の商工会議所がメインのようです。地域によってはJTBでも販売しているようです。また、全国47都道府県ではないようです。

b)オンライン飲食予約事業者

13件登録されています。有名どころとしてはぐるなび、カカクコム、Yahoo!や一休、リクルートが確認できます。ぐるなびや食べログ(カカクコム)では、すでにキャンペーンのページが出来ています。

Go To Travelのように、各社お得なキャンペーンを追加で行う可能性がありますので、キャンペーン開始に併せて各サイトをチェックするようにしましょう。

Go To Travelに関してはこちらの記事を参考にしてみてください。

『Go To トラベル』の利用方法と注意点について

感染症により、極力外出を避けるようになった現在ですが、これにより旅行業界や観光業界が受けた経済被害は甚大です。 旅行業界を活性化させる為に始まったGo To トラベルキャンペーンですが、発表から開始までの期間が短かったこともあり詳細がイマイチ掴めていない方も多いです。 そこで、この記事では実際に使用する方法や注意点などを旅行者目線で説明していきたいと思います。 …

ちなみに、現時点ではぐるなびでGo To Eatキャンペーンの他に来店ポイント付与も行っているためさらにお得です。

ぐるなび

食べログ(カカクコム)

現在、参加飲食店の選定が行われており、近いうちに発表される見通しです。

これらの店舗は全て、業界が設定した感染症対策のガイドラインに基づいていることが条件とされており、それらの取り組み内容を提示する必要があります。

店側の感染症対策は当然ですが、利用者側にもマスク着用など協力を要請する店舗もあると思います。そうでなくても、自分がかからないために感染症対策はしっかりとしてキャンペーンに参加するようにしてください。

⑤まとめ

今回の丸わかりGo to Eatキャンペーンをまとめると、次の通りです。

①Go To Eatキャンペーンは2種類。プレミアム付食事券かオンライン飲食予約でポイント還元。

②キャンペーンは2021年1月末まで。利用は同年3月末までなので注意。

③2020年9月時点ではキャンペーンはまだ開始していない。

④Go To Travelと同様、現時点では東京は対象外

⑤店舗側は感染症対策のガイドラインに基づく対策が条件。利用者側もマスク着用など対策が好ましい。

プレミアム付食事券は、1万円分購入すると1万2500円分として利用できますが、地域の登録飲食店でのみ使用可能なのとおつりが出ない点に注意です。

オンラインのポイント還元は、選定された予約事業者経由で、対象店舗で付与される点に注意が必要です。また、お昼は500ポイント15時以降は1000ポイントと時間帯によって付与される量が変わります。

キャンペーンの期間は決まっていますが、予算を組んで行っている以上途中で変更の可能性もあります。また、当初の予定より開始が遅れていることから時期が伸びる可能性もありますが、どっちにしろ興味のある方は早めに動いた方が確実といえるでしょう。

今後のコロナウイルスの感染状況によっては、東京やその他地域が追加される可能性もあります。また、どちらのキャンペーンも9月中旬以降をめどに順次開始、拡大していく動きなので、興味のある方は随時チェックして下さい。

Go To Eatキャンペーンを利用して飲食店を訪れる際は、店舗側の感染症対策には協力して楽しい食事を楽しんでくださいね。

The following two tabs change content below.

紫腹筋コロコロトラベラー

世界41ヶ国・80都市以上、タイに関しては7年間で25回以上訪問 しています。 年間8回程海外に行き、ANA/JALの上級会員。現在紫ホルダーで 快適な飛行機ライフを送っている。 飛行機・ホテル・沖縄、グルメをなど得意分野です。 YouTube活動も行うVLOGERです。 BTF Createとして元お笑い芸人のシンゲンさんと一緒に 活動しています。